2009年01月22日

建具は既製品建具!

サッシの取り付完了後内部の木枠の取付、木工事(階段の段板、蹴上げ、ササラ、和室、押し入れの造作など)、出入口廻りの木枠、建具の取り付けをしました。

本来であれば、造作大工と、建具職人での作業になりますが、木枠、建具関係は全部既製品を使用したため、部品を組立、取付だけですので経験のある造作大工で充分取付でき、木工事の造作、建具工事は大工だけで全部施工してもらいました。

サッシの木枠取付のあと外部のサッシ廻りをシールしてしまい、内部からはサッシの取付で溶接した部分は発砲ウレタン(断熱剤)を充填しケーシング(額縁)を取付すると駆体とサッシ溶接のための隙間、約20mmが見えなくなります。

内部のほとんどがコンクリートの打放しのため出入り口の駆体開口は10mm程度しかクリアとってなかったのですが、このケーシングを付け隙間を見えなくしまた。

また既製品のドアにしてもいろいろなタイプがあり、デザインも優れていますので、いま建具の既製品は新築やリホームではほとんど使われているとのことです。

どうしても既製品建具はいやだと手作りにこだわっておられる場合は木製建具工場に注文して製作するようになりますが、でもここの建主さんは「デザインも良く、取替えする時も簡単みたいで良かった!」と今でも喜んでおられます。



posted by kawamoto at 13:55 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

サッシの取付をしました!

駆体工事も終わりこれから仕上工事に入ってサッシを取付けていきますが、打放しRC住宅はコンクリート打設状況で意匠的にその住宅の価値のがほとんど決まるといっても過言ではありません。

今回の住宅では、ジャンカは小さいのが3カ所、コールドジョイント一カ所、気泡も大き目のが所々あり補修したのですが、どうしても補修した場所が良くみるとわかります。

でも全体的にみてPコン穴補修部分もありますのでほとんど気にならない状態でした。

次ぎの工程はサッシの取付けですが内部の床などのケレン、清掃のあと本来であれば仕上の為に床、壁に墨だしをするのですが、壁、天井は打放しのままで、床は床暖用フローリングとCFシートの直張りですのでほとんど必要ないので最小限にし、開口部廻りのチエックをしました。

サッシは住宅用断熱サッシ(ブラック)で、ガラスは高断熱複層ガラスとしました。

この住宅用断熱サッシは一般的には木造タイプでそのままではRCの部分に取付けできないので工場で少し手直ししてもらい、溶接で取付けしました。

またサッシを取付する開口部は一カ所も大きかったり、小さかったりしたカ所はなく順調に取付けできました。

このRC住宅の型枠を担当した大工は以前も何度か施工してもらっていたので安心していたのですが、さすが!プロだ!と内心嬉しかったのも事実でした。




タグ:サッシ
posted by kawamoto at 14:40 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

駆体工事は完了!

2階の床の墨だしは駆体コンクリート打設の次ぎの日に行いました。

1階駆体の外壁の解体が終わっていよいよ2階駆体の型枠取付に入りますが、外部の型枠は1階外部で解体した型枠パネルを一時スラブ上に置きケレン清掃して転用しました。

2階駆体工事も作業工程は1階と同じで次ぎのようになります。

・外部側の壁型枠取付け(パネコート)金物取付

・壁鉄筋組立て(シングル)

・断熱材75o(型枠の役割もします)取付

・壁鉄筋、梁筋組立(ダブル)

・内側の型枠取付け(パネコート)金物取付

・間仕切り壁の片側取付(パネコート)金物取付

・間仕切壁、梁筋組立

・返し型枠取付(パネコート)金物取付

・型枠の縦寄調整

・スラブ受けサポートたて

・大引き(角材)

・根太(鋼製パイプ、サン木)

・スラブコンパネ(パネコート)敷き

・梁、スラブ配筋

・型枠金物締付状況確認

・駆体コンクリート打設

・左官木ゴテ押え

2階駆体コンクリートも1階駆体要領で無事駆体コンクリート関係は完了出来ました。

R階スラブは左官木ゴテ押えとしたのは、この上に断熱材100mmを敷き込み、勾配はシンダーコンクリートで勾配を取りウレタン防水となります。

この駆体コンクリート完了後2週間養生期間を取って圧縮強度試験を行い2階の壁枠、スラブ、1階の内部壁枠、スラブ支保工など一緒に解体しました。





タグ:駆体工事
posted by kawamoto at 22:18 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

型枠の最小存置期間と強度試験

1階駆体で打設したコンクリートは普通ポルトランドセメントで
「呼び強度」24N/mm2
「スランプ」18p
「粗骨材の最大寸法」25oで、工事現場に納入されたフレッシュコンクリートの現場試験ではスランプ、空気量、塩化物量試験、生コン温度測定などやってもらい立会い記録写真を撮りました。

また強度試験用の供試体は材齢3日、7日、14日、28日と採集しましたが材齢7日と28日分は標準各3本、現場各3本、計12本採集しました。材齢3日と材齢14日は型枠解体決定用に3本ずつ採集し試験を行いました。

この強度試験方法や型枠の解体時期などは規則があり建築工事共通仕様書(国土交通省大臣官房庁営繕部監修)に詳しく定められております。

今回1階の駆体コンクリートを打設したのですが、2階駆体の型枠取付にはどうしても外壁の型枠だけは解体しなければなりません。

この壁の解体も最小存置期間があり気温が15度C以上で3日また圧縮強度試験による場合は5N/mm2以上となっています。またスラブ、梁も最小存置期間が建築工事共通仕様書に定められています。

3日目に圧縮強度試験しましたが5N/mu以上あり4日目の朝から外壁
を解体しました。1階の梁、スラブの型枠解体は2階の駆体打設終了後に圧縮強度試験を行い解体となります。

また新しく住宅を新築される方はRC造ばかりでなく木造、S造などありますが必ず基礎はコンクリートを使用していますのでコンクリートの強度について知っていたほうが良いと思います。

ただ基礎以前の問題として住宅を建てる前には、地盤調査を必ず行い、地耐力に合った基礎を設計してもらいたいものです。

posted by kawamoto at 10:40 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

1階駆体コンクリート打設

型枠取付、鉄筋組立の繰り返し作業で、いよいよ1階の駆体コンクリートの打設となり次ぎの要領で施工しました。

@打設開始時刻 :AM 8:30分
A生コン数量 :46.5 m3
Bポンプ車 :1台
Cポンプ車オペ :1人 (配管ホースの先持ち)
D手 元 :1人
E作 業 員 :7人(バイブレーター2、たたき-外部2、内部2、予備1)
F左 官 :2人(2階床コンクリート金ごて)
G交通誘導員 :1人
Hバイブレーター :2本
I型枠大工 :1人(ホームタイなどの締付け状態確認)
J鉄 筋 工 :1人(スラブ鉄筋などみだれ修正)

建物によって少々違いはありますが、大規模クラスとあまり段取り人員などの差がありません。

ただ大規模クラスなるとポンプ車が2台、3台となる場合もあり、人員などもこれに乗じて増やしていくようになります。

朝8:00から全員でラジオ体操をしてその後簡単に安全関係の注意、作業の手順など説明してからすぐ水ホースで型枠の内部を洗ってから打設を開始しました。

やはり2重壁を同時にコンクリート打設するのは大変でした。壁と壁の間に断熱材が入っているので生コンクリートをだいたい同じレベル位に交互に入れていかなければなりません。

断熱材はKPコン、セパレーターなどで固定されておりますが、片方の壁に生コンクリートを入れすぎると側圧で断熱材が押されて壁の厚さが変り、構造にも問題がでて来ます。

打設はじめコンクリートの落下高さ4m位ありますので型枠の中は暗くて良く見えませんので電池を照らして指示しましたが、ただこの工法は
検討し改善しなければならない問題もあります。

この日は午前中で生コンクリートの打設が終わり、左官のこて押えは午後3時位までかかりました。



タグ:駆体
posted by kawamoto at 21:41 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

型枠はパネコート使用(1階駆体)

盆休暇が終わって8月17日工事再開です。1階駆体工事は最初朝から床に1階の壁などの墨出しをして型枠取付けの作業にかかってもらいました。

1階の駆体工事の作業工程順は次ぎのようになります。

・外部側の壁型枠取付け(パネコート)金物取付

・壁鉄筋組立て(シングル)

・断熱材75o(型枠の役割もします)取付

・壁鉄筋、梁筋組立(ダブル)

・内側の型枠取付け(パネコート)金物取付

・間仕切り壁の片側取付(パネコート)金物取付

・間仕切壁、梁筋組立

・返し型枠取付(パネコート)金物取付

・型枠の縦寄調整

・スラブ受けサポートたて

・大引き(角材)

・根太(鋼製パイプ、サン木)

・スラブコンパネ(パネコート)敷き

・梁、スラブ配筋

・型枠金物締付状況確認

・駆体コンクリート打設

・2階床左官金ゴテ押え

1階の駆体工事はこのような流れで施工しました。
この型枠取付けの工程順に関しては建物の構造、施工する型枠大工にもより変わって来ます。

また1階の壁、スラブ型枠に使用するコンパネはパネコートと言って片面塗装品で光沢がありこの型枠は解体した後のコンクリートの仕上がりも光沢があり非常に綺麗です。

しかし普通コンパネでのコンクリートの仕上がりはザラザラしていて、直接触ると手や服などに白い粉(セメントの粉)が付いてしまいますので住宅の部屋など打放し面での使用には避けたいものです。

パネコートを使用してもらうと単価が高くなるのですが、普通型枠コンパネ使用と同じ単価で施工してもらいました(笑)





タグ:パネコート
posted by kawamoto at 20:09 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

コンクリート金ゴテ押え 床工事(土間)

床工事(土間)は断熱材t50敷き終わってからの作業は土間配筋(ブル)→電気配管→床段差部分の止枠→床暖用エクセルパイプの配管→コンクリート天端出し→土間コンクリート打設→金ゴテ押えとなります。

電気の配管はコンセント、スイッチ、照明、などの配管はコンクリートの壁の中を通さなければならないので壁のあるところに50p位立ち上げておき、次ぎの壁(型枠、鉄筋)施工時にジョイントして壁の中に配管して行きます。

また床暖用エクセルパイプの配管は通常の場合は土間コンクリート打設後エクセルパイプの配管をしてシンダーコンクリートを打設して金ゴテ押えしますが、この工事では代金削減の為、土間コンクリートに埋設としました。

この土間コンクリートは直接床の仕上げ材を張りますので不陸調整、高低差の調整、コンクリートの均金ゴテ押えは床の精度を確保するためにも重要なポイントとなります。

土間コンクリート打設は数量16m3でポンプ車1台、オぺ1名、手元1名、作業員4名、左官2名の人員でバイブレーター、スコップなど使用して打設しました。

朝8時から開始して3時間位で打設の方は終わったのですが、左官の金ゴテ押えは14時位までかかりました。土間コンクリートを打設したのが8月13日だったので次ぎの日から盆休暇に入り14日、15日、16日と3日間現場休業としました。



posted by kawamoto at 21:22 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

ジャンカはなかった!

基礎の立上がり壁コンクリートを打設してから3日養生してから型枠の解体です。

型枠の解体順序はフォームタイのネジを緩め→鋼製パイプをはずし→フォームタイ本体の撤去→型枠パネル外しとなり金物類はその都度片付けてそれから型枠パネルの解体になります。

いつもそうですが大丈夫だと思いながらも、ジャンカがあるんじゃあないだろうか?コンクリートが入っていない部分があるんじゃないだろうか?型枠が外れるまで不安で一杯です。

コンクリートを打設した作業員はいままでそのような事はなかったのですがやはり心配でした。型枠が外れたので内外全部チェクしましたがジャンカなどなく安心しました。

ジャンカなどが発生した場合その程度にもよりますが、補修に1〜2日位の日程をみなければなりません。

この後Pコン部分の補修をし翌日から埋戻しの作業をしました。外部はGLラインまでの埋戻し、内部は土間コンがありますので土間砂利下までの埋戻しです。埋戻土は土木会社の土場に掘削土を運搬し一時仮置きしていた土砂を使用しました。

埋戻しは30pごとにタッピングランマーにて突き固めしてもらい、給排水配管をして内部はその後プレートランマーで転圧→砂利敷き→ランマー転圧→ポリロンフィルム0,2t敷き→断熱材50t敷きですが、断熱材50t敷きまで土工事の作業員で施工してもらいました。



タグ:ジャンカ
posted by kawamoto at 19:25 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

型枠取付とコンクリート打設

配筋検査をしてからベース型枠取付しコンクリートを打設しました。

ベースコンクリートと言っても16m3 位ありましたのでポンプ車で圧送です。コンクリートの数量が多いのはベースのW=1,000o、H=250oで木造住宅に比べてかなりの差があります。

参考に木造住宅の場合W≒400位、oH≒150o位です。
ベースコンクリート打設は午前中で終わりその日は他の作業は中止でコンクリートの養生をしました。

次ぎの日朝ベースコンクリートの天端に壁の墨をだして型枠取付です。

最初外部側の型枠を取付、次ぎは断熱材75oの取付そして内側の型枠取付します。中に入る断熱材75oも型枠の替わりにもなります。

120o、190oのコンクリートが打ち込みされる壁の厚さは全てPコン、セパレーター、KPコンなどで保持されます。

型枠は鋼製パイプ、フォームタイなどの金物を使用して締付して寸法のチエック、通りの調整、天端のレベルを出してしてコンクリートを打設いたします。

型枠取付など終わり次ぎの日朝からまたコンクリートを打設しました。ポンプ車一台オペ1名手元1名とコンクリート打設工4名で打設です。バイブレーターなどはコンクリート打設業者に段取りしてもらい午前中かかりました。

数量もベースと同じ16m3 でしたがただこの基礎の立上がり壁は二重壁で左右均等にコンクリートを入れなければなりまりません。

断熱材(型枠の役目もしている)が側圧で動いてしまうと、断熱効果、また構造的にも問題がでて来ます。



posted by kawamoto at 09:11 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

鉄筋工事(基礎鉄筋組立)

午後から基礎の鉄筋組立を予定しているので午前中に墨だしを終わらせなければなりません。

型枠大工2名がきて一緒に墨だしをしました。最初機械(トランシット)で親墨をだして間仕切りなどはスケールで計り込みしました。

予定より墨だしは速く終って休憩していましたら、加工した鉄筋材が運ばれてきました。打合わせが終わり作業にかかって貰いましたが、ここで少し配筋組立について書きたいと思います。

従来RC構造の建築となれば、鉄筋工事施工計画書、鉄筋工事施工要領書を作成してから作業に入りますが、工事規模が小さいので計画書、施工要領書は作成しないで設計図と施工図で説明して作業をして貰う事にしました。

本当は絵を描いて説明すると分りやすいのですが、ここでは文書で説明いたします。

鉄筋組立カ所について説明いたしますと、ベースから上部の立ち上がりの外部側布壁ですが外部側から型枠→鉄筋シングル配筋→断熱材t75→鉄筋ダブル配筋→型枠内枠となります。

駆体の構造としましては、外壁まわりは二重のコンクリート壁になり壁と壁の間に断熱材をいれる形になります。

外壁はコンクリート120o→断熱材75o→コンクリート190oと設計されていて、外壁は化粧みたいな壁で構造体は内部側の190oの壁になります。基礎の鉄筋組立は2日程で終わりました。



タグ:鉄筋組立
posted by kawamoto at 17:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

載荷試験と土工事

実際載荷試験を行うとなれば土工事を一時中止しなければなりません。

職長にも一時中止の件は説明していましたが、それでもいいからと当日
バックホーとダンプカー2台、土工事作業員3人を現場に入れてきました。

設計事務所も立会いしてもらい、掘削位置は布堀の予定で白線のライン引が引いてありましたが総掘しようと言うことで、とりあえず深さ1.2m(基礎底)まで掘削することにしました。

段々堀下げて行くと約50p位からバックホーのバケットの爪が刺さりにくくなりガリガリ音をたてながら1.2mのラインまで掘削しました。

立会いしていた設計事務所の担当者に、もう少し掘ってみてUと言われ
さらに一部分1.2m位下げましたが、地層は同じで「大丈夫みたいだから載荷試験止めよう」と言ってくれたのでまずは一安心しました。

載荷試験を実施するとなると専門調査会社に頼まなければなりません。その段取りをしていなかったので、日程は先方次第になりますので内心はらはらドキドキでした。

そのまま土工事の掘削を続け、私は一階の駆体図がまだ途中だったのでパソコンに向かい図面を書くことにしました。

基礎底の砂利いれ、ランマー転圧をして捨コン枠付けまで2日かかり、次ぎの日朝から捨コン打設して午前中に終わりました。




posted by kawamoto at 18:46 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

仮設工事と工事打合わせ

いよいよ仮設工事にかかり本体工事の準備に入りました。

まず最初に道路、隣地境界に仮囲いを設置して安全標識、確認許可番号など貼り付けまた工事事務所も安全関係の標識と書類も最低ラインで整備しました。

また土工事の業者を呼び測量など手伝ってもらい建物の芯出し、芯は逃げクイにして設置し、また設計GLは道路拡幅するので役所に行き図面を貰ってきて近くのBMから測定しGLラインを設定し、掘削には白線のライン引きをしてもらい準備をしました。

普通住宅の基礎を施工する時は、遣り方を出しますが、RC住宅でもありますので遣り方は出さないで今回は掘削の時は白線のラインなりに掘削し、高低は機械(レベル)をのぞきながら調整していきます。

また今回ボーリングの地盤調査も一時予定したんですが、設計事務所で近くの建物建築時のボーリング試験のデーターを取り寄せ検討、基礎杭打設はやらないで良いと思うが一応掘削してみて載荷試験をやるか、やらないかを判断しようという事になりました。

工事着手前に土工事、鉄筋工事、型枠工事を担当する職長を呼んで工事打合わせをしました。

施工図(基礎伏図)と工程表をコピーして渡し、安全関係の打合わせ、書類の提出、施工方法、実施工程の確認など。

この工事を担当する協力会社はほとんど退職前一緒にやっていた仲間でもあり長所、短所も分りあっているのでその点安心して施工してもらえます。


posted by kawamoto at 08:20 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。