2009年01月14日

駆体工事は完了!

2階の床の墨だしは駆体コンクリート打設の次ぎの日に行いました。

1階駆体の外壁の解体が終わっていよいよ2階駆体の型枠取付に入りますが、外部の型枠は1階外部で解体した型枠パネルを一時スラブ上に置きケレン清掃して転用しました。

2階駆体工事も作業工程は1階と同じで次ぎのようになります。

・外部側の壁型枠取付け(パネコート)金物取付

・壁鉄筋組立て(シングル)

・断熱材75o(型枠の役割もします)取付

・壁鉄筋、梁筋組立(ダブル)

・内側の型枠取付け(パネコート)金物取付

・間仕切り壁の片側取付(パネコート)金物取付

・間仕切壁、梁筋組立

・返し型枠取付(パネコート)金物取付

・型枠の縦寄調整

・スラブ受けサポートたて

・大引き(角材)

・根太(鋼製パイプ、サン木)

・スラブコンパネ(パネコート)敷き

・梁、スラブ配筋

・型枠金物締付状況確認

・駆体コンクリート打設

・左官木ゴテ押え

2階駆体コンクリートも1階駆体要領で無事駆体コンクリート関係は完了出来ました。

R階スラブは左官木ゴテ押えとしたのは、この上に断熱材100mmを敷き込み、勾配はシンダーコンクリートで勾配を取りウレタン防水となります。

この駆体コンクリート完了後2週間養生期間を取って圧縮強度試験を行い2階の壁枠、スラブ、1階の内部壁枠、スラブ支保工など一緒に解体しました。





ラベル:駆体工事
posted by kawamoto at 22:18 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。