2009年01月19日

サッシの取付をしました!

駆体工事も終わりこれから仕上工事に入ってサッシを取付けていきますが、打放しRC住宅はコンクリート打設状況で意匠的にその住宅の価値のがほとんど決まるといっても過言ではありません。

今回の住宅では、ジャンカは小さいのが3カ所、コールドジョイント一カ所、気泡も大き目のが所々あり補修したのですが、どうしても補修した場所が良くみるとわかります。

でも全体的にみてPコン穴補修部分もありますのでほとんど気にならない状態でした。

次ぎの工程はサッシの取付けですが内部の床などのケレン、清掃のあと本来であれば仕上の為に床、壁に墨だしをするのですが、壁、天井は打放しのままで、床は床暖用フローリングとCFシートの直張りですのでほとんど必要ないので最小限にし、開口部廻りのチエックをしました。

サッシは住宅用断熱サッシ(ブラック)で、ガラスは高断熱複層ガラスとしました。

この住宅用断熱サッシは一般的には木造タイプでそのままではRCの部分に取付けできないので工場で少し手直ししてもらい、溶接で取付けしました。

またサッシを取付する開口部は一カ所も大きかったり、小さかったりしたカ所はなく順調に取付けできました。

このRC住宅の型枠を担当した大工は以前も何度か施工してもらっていたので安心していたのですが、さすが!プロだ!と内心嬉しかったのも事実でした。




タグ:サッシ
posted by kawamoto at 14:40 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112846950
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。