2010年05月07日

塗膜剥離とシーリング除去

また忘れたころの更新になりました。

定年になってからもフリーで建築施工の管理に関する仕事の
手伝いをしていましたが知り合いの建設会社から

「改修工事の管理を手伝ってくれないか」とたのまれて
約4ヶ月ほど手伝いをしました。
公共施設の建物で外壁の改修工事の内容は外壁は断熱パネル

(断熱材40mm セメント板系15mm)の複合版を使って
いまたが、塗装(複層塗材)の劣化、はがれ、浮きなどが
発生しているので旧塗膜剥離のうえ吹き替える仕様でした。

パネル板(0.91m×2,73m)を貼っていますのでシーリングも撤去
し打ち直しました。

しばらく、官庁関係の仕事から離れていたので一時あたふたした
り感覚をとり戻すのに時間がかかりました。

パソコンを使用し提出書類作成、写真撮影整理など
の作業をするのですが、書類作成用のソフトがかなり不足してい
たのです。

もう必要ないだろうとバックも取らず処分していました。
それで後輩などに頼んでなんとか揃えることが出来ました。

工程的にはこのようになります。

1.足場組立

2.外壁旧塗膜剥離

3.塗装下の旧シーリング撤去、打ち直し

4.下地処理

5.防水形複層塗材(プライマー塗布、主剤の下吹き、上吹き
  仕上剤は弾性カラーエナメル下塗り、上塗り)

6.外部足場解体搬出

このような工程順で施工しましたが、外壁の旧塗膜剥離をし
てみると、断熱パネルもかなり劣化してる部分があり一時作業を

中止して役所との打合せ調査、見積書を提出して決まるまで
3週間位かかりました。
早足断熱パネルの劣化部分の張替えをして次の工程を進めました。

完成書類関係は考えていたより時間が
かかってしまいましたが、工期内に無事検査を受け終わらせる事
が出来ました。



posted by kawamoto at 20:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。